20130707 加茂直雅 5

そういう…まぁ大変な状況であることは間違いないんですね、ただいつまでもその、大変だ大変だ言ってても進まないので、まぁこれを機にいろんな活動というか、そういうものも、たぶんこの事件というか、をきっかけに、今までできなかったこととか本当に前倒し前倒しでやらなきゃいけない状況、やらなきゃ生き残っていけない状況になってるんで、まぁ悪い面だけでもないかなと。

20130707 蛭田秀史 1

震災のときも、ここに住んでて自分の家が流されちゃったっていう人がわざわざ買いに来てくれたんですよ。えぇ。「風評大変だけど頑張ってねー」みたいな話があったり。そういう話をして頂けるととても嬉しいですね。はい。

20130707 加茂直雅 4

父の後を継ぐ、継ごうっていう決定をするに当たっては、やっぱり父たちの代が経営がうまくやっていて、で僕たちがその父のあとを継いだとしてもこれから先やっていく見込みがあるかどうかっていうのもやっぱり大事なとこだと思うんですよね。父がいくらいい仕事やってたとしても、もう先が見えないっていうような状況は継いでも本当に、ねぇ、大変な思いするのはもうわかっていることですし、だからもしですけど、僕が戻ってきたのが6年前で、震災前のことだったので、もしもその、まだ務めていて、震災があって、から戻ろうかなっていうことになったら、ひょっとしたら父の後を継がないで、父の代で終わったかも知れないですねぇ。

20130707 加茂直雅 3

食べ物に関しては、いわき市の放射能の状況っていうものを知ってますんで、意外とその浜沿いであまり蓋を開けたらいわき市はそれ程心配する程の放射能ではなかったこともわかってますんで、まぁいわき市内で検査してスーパーに並んでるものは検査済みのものがほとんどなので、そういった面では全く気にせず食べておりまして、実際健康面でも特になんかおかしいなとかそういうのは感じておりません。

20130707 加茂直雅 2

今思えば、あの時期にもっと活動しとけば、こういった結果にはならなかったのかなと…やっぱりそのホームページ上で安全だ安全だって歌っても、直接お客さんに会って安心ですよって伝えることが、震災直後から必要だったんだなぁと最近ちょっと思いになりまして、で今安全であることをお客様に直接伝えられるような活動をこれからどんどんやって行こうと思います。

20130707 加茂直雅 1

何度かイベントで足を運んで、色々話を聞いたんですが、そういったそのイベントをやった際に買いに来るお客さんっていうのが、若い主婦の方たちが非常に少なくて、その足を運んでくれる方がやはり年配の方が多かったのがすごい印象に残ってます。私らはもう放射能気にしないからって年配の方は買って頂けるんですが、やはり子供を抱えてる主婦の方たちなんかはやはりどうしても足が遠のいてしまうのかなっていう印象はありました。