深田和秀さん

インタビューページへ戻る


深田さんは、現在特にどの団体にも属さず、個人で放射能量の計量を行ってらっしゃいます。

深田さんの「敗因」

要するに廃炉後の世界をどうするしたら良いのだろうかっていうことで、廃炉アクションっていう、イベントを、考えて、えー、そういうことを、ちょうど、その日に合わせて、要するに3月の26日に、いわき市で、もう場所も借りて、そいで、いろんなことを、お話しする、コメンテーターの方も呼んで、シンポジウムも予定して、そういうとこまできてたんです。でもうあと開催する、ところが11日に、事故が起きて、みなさんご存知のように、もういっぺんに。もとより、その、そういうことに、アンテナをたてて用意をしてたお母さんの人たちは、すぐさま、福島から離れたんです。もう何も後ろ見ないで、とにかく離れた。ところが私は、まず1つは、親父が、要するにその、介護施設に入ってましたので、移動できなかった。で、私は、あの…あぶくま高地を、福島市は、約70kmから80km圏、です。超えて、福島に影響を及ぼすとは、実は考えていなかたんです。で、それが私の、まあ言って見れば、敗因なんですよ。まあだから背負った、まあだから失敗の、重みなんですね。だから一緒に、当然何日かの停電と、断水がありました。

周囲の問題についての認識格差

それはいや、感じますというか、認識格差っていう言葉が適当かどうか分かりませんけど、もとより人間の体はここに寄って感受性は違いますから、例えばなんで花粉症にあなたがなって私がならないの、とか、ていうのはなかなか、まあ科学的な説明もちゃんとできるはずなんだけど、なかなか難しい問題ですよね。だからあんたなんで、そのことわかんないのって、放射能の怖さ分かんないのと、突き詰めても、なかなか、相手の方は、理解できないんです。理解できないっていうか、どういうことなのかっていうのを、あのー、実は、分からないんですね。で、えー、逆に、私のように、ある程度そういうことを頭のなかで分かっていても、実際は高をくくってしまうような場面ってのはあるわけですよ。さっきも言いましたように、阿武隈山地を超えてくるなんて言うようなことは、要するに80kmも、放射性物質が、プルームが、通って、そこで微量な物が落とされて、なんか影響あるのって、要するにイメージが、されてなかったわけですよ。ね、そのために、本来は警告をしてみなさんに、少なくとも、危ないよ、ということを言わなきゃならないような、立場にあった者が、何も言えないで、一緒に、水汲みにならんでたって、そういうなんかものすごいブラックジョークみたいな話になっちゃうんですよね。ですから、そういう認識の違いっていうのはあることを前提に、やっぱり、あの、全体的な、相対的な、放射策をやってかなきゃなんない。

除染の限界

まあいわゆる植木とかがあって、そういうところにもう放射性物資がついているんですね。でちょうどそれが、境の生け垣になってるわけですよ。ね。ところがあたしたちが、隣のお家にいってそれいっぱいついてるから、すいません丸裸にしてくださいって言えますか?ないしはこの隣に、大きな木があって、それが常緑樹で、ずっと蓄えてるんです。それが自分ちの、子供の部屋ってだいたい二階につくります。子供部屋にちょうど、上手く、放射性物質からでる放射線の影響を受けるようなシステムになってるんです。で、それを気づいても、じゃあすいませんそれを枝打ちしてください、それをきってくださいと、言えますか?言えないですよね。そうすると、当然限界があるわけですよ。だから、除染に限界があるってのはもうハナからきまってることなんですよ。だからどう、それを避けるためにどうしたらいいのかと。いうふうになれば、やっぱり安全対策、ってか社会的な除染みたいなものも用意しとかなきゃだめなんです。つまり、希望者には子供だけでも先にどっか一時、避難させる。何年なるかわかりません。それは行政がどれだけしっかりやるかにかかってきます。ないしは疎開させる。それで、もう最悪の場合は、除染をしてる間だけ、どっか、移動して。あと、この中閉め切って、畑かけるんですよ。そんなことしますかお母さん。自分がお母さんなって、今やってることってのは、部屋の中を、閉じて、部屋を閉じて、じゃあ綺麗にするからね、ちょっと待っててねってこう畑かけてるのと一緒ですよ。普通、自分がお母さんになられたら、ちょっとあんたら出てよっていって、掃除、しませんか。僕はちょっと、普通はそうするもんだと思いますけど、違いますかね、うん。今の、やってるときは、逆なんです。ちょっと逃げないでよ逃げないでよ、と、うん。ちょっと綺麗にするから逃げないでよって中に閉じ込めてるんですよ。違いますかね。

福島市内での反原発運動について

全体的にはあの、この、福島市での、運動ってのは、非常に、下火です。うん。ええ。これは、もう、残念なことですけど。なかなか人も、まあ後でのぞいてみればわかると思うんですけど、なかなか人も集まっていません。ええ。そうですね、うん。あの中途半端な、いわゆる、その言って見ればその、国が指定された、その認定された、汚染地域ではないんですよね、でもうここは、まあ、除染が終わったとされる、田村市とかああいうとこよりも、まだ高いんです。平均なあれで言うとね。で、濃淡がかなりあって、ご存知のように渡りであるとか、大极であるとかっていうとこは、まだ、高い線量のとこもあります。私のとこも、先月くらいに、やっと除染が終わったんですけど、実は、住宅除染だけってのは、自分ちの敷地内でしかやってない。だから前も、道路であるとか、道路の中の脇のそこが、その、何も手つかずになって、つまってるというような状況は改善されてないんです。自分ちだけは。


政府の

要するに、被害を受けた人は被害を淡々と言うしかないんですよ。ところが被害を隠そうとしている人も実際いる訳ですよ。で、その人らはあの、いかにも優しいことを言っていかにも解決できるようなことをおっしゃる訳ですけど。それを、いやちょっとちがうんじゃないですか、と言うことを皆さんの感覚で暴いて行くの方がま、面白いんじゃないかと思います。皆さんたぶん被害者だけを回ってると思うんですね。ところが、被害者はやっぱりなかなか狭いんです、視野が。自分が受けた波乱の中でしか見てない。それが相対的にその老い隠そうとしているとこの位置関係とかがみきれてないケースが多いんです。ところが、行政であるとか頭のいい人たちいわゆる原子力村とかいろいろ言われてる推進してる者は、結構澄観で見てるんですね。で、次ぎにどうゆう政策をすれば風評被害ははっと盛り上がって、どこにどういうお金を入れれば少し緩和するであろうとかどこがこの運動のキーポイントであるとかどこをちょっと撫でてあげれば人々がこっち側によるとか。そういうことを良く研究しているんです。我々よりも。だからこうずっと成功してきて押さえ込まれている訳でしょ。本来なら暴動が起こっていますよ、人殺しが起こっていますよ。それをうまく押さえている人たちのやっぱり技術とか本音とか何を目指しているかを探った方が面白いんじゃないかと。そこではまあ、余談です。だから被害者の仲の話を集めるのは以外と容易だけど、深みがあまり無くなっちゃうんで、やっぱり少し、それと対応できるような、それを老い隠そうとしている勢力がいてそうなってるという関係性を見ながらやらないと、ちょっと面白み欠けるんじゃないかなという気はしますね。

東京電力について

で、あのー私は福島ですから、福島住んでる者っていうのはいわゆる自主避難区域の人たちというのは、もう何も顧みられないと。要するに、えー12万というお金をま、あの、一部の地域で支払った訳です。でこれは内実では4万円だけが精神的な慰謝料で他は生活の援助みたいな形で東電が払った。それで終わりですよっていう形になっていうわけですよ。でそれも皆さん受け取り方もまちまちですよ。ウワァー12万も貰った嬉しいなという人もいれば、えー12万ではどうにもならないと。これで東京電力許すわけにはいかない、という人もいるだろうし。それらを考えてくると、そう、まだこれから紛失する問題も甲状腺の問題であるとかいろんなことでいってくれば、福島はまだ終わっていなくてこれから、ま、変な意味、架橋に入ってくるのではないかと。実際的に現実的な路線のもう今後見つけざるを得なくなる、提示しなくちゃならなくなる、全部避難って全寸期間って言ってた者も一部避難もしょうがねーや、って言うとこまで煮詰ってきてるんです。でこれは、なぜ煮詰ってきてるかというと皆さんご存知のようにオリンピック前になんとかもう解決しちゃいたいなということなんです。だからこれからが逆に言うと正念場なんです、あらゆる意味で。要するに、向こうがはめる型にはまってそのまま捨て置かれるのか、それとも別な解決方法を見つめて色々向かいあれするのか。だからそういう、ことを頭に置いておいていてビデオとか作ってやっぱり問題のあれをはかっていただけたらと思います。

避けられない原発事故の風化

いやあの、これは風化するのは当然ですよね。どんなことでも風化は必ず進むんであって、だからあの、風化してもしなくてもやっぱりやらなきゃなんないこととのは生活レベルであるんですよ。生活レベルで皆さんが要するに、その問題と直面しなくなったらもう風化の始まりなんですよ。例えば、食う食べ物にあまり留意しなくなった、マスクもしなくなった。ね、あまり放射線がいくつだかも興味示さなくなった。これは個人で止められるもんではありません。いくら呼びかけてもそのものは風化するんです。だから、風化していいとは言いませんけど風化は避けられませんよ。ところが、いつも崖っぷちにいるってことを皆さん忘れちゃうんですよね。

活動を続けるモチベーションとは?

真基本的にはあの、なかなか何も言わないで館箱の中に入る、要するに葬儀箱に入る、足をこう入れてるけど、なんか、一言言わないとなかなか死に絶えて行かないような世代なもんですから、そういう意味では。だから、なんらかその、昔取った杵柄的な社会運動に関わる、ま東京なんかでもやってらっしゃる中で、同じような世代の方が男女とも思いますよ。でむしろ40代とかね、そういう方が少ないというような、要するに、自分らが全協働世代の息子さんらに対しては、DNAを渡していないんです私に言わせると。ちゃんと伝えていないんです、渡していないと言うか。自分らがやったことの正当性をちゃんと理論立てて自分の生き様を説明しきれていないんです。実は。そういう問題もあるんです。じゃ私はあいにくというか、そういう子供もいないしあれもいなかったんで、あの、そういうことはなかったんですけど。だから、逆に言えば悪魔の全協働世代と言われてるがお前らがぼかしたんだみたいな論議を子供達から指摘されるんですね。そういうことって無いですか。うん。ま、皆さんはまだそれのお子さんになる訳です。だからちょっと違うあれなんですけど、ま、おじいちゃんの見方を冷静に見れる人とお父さんの、皆さんのお父さんの世代はあまり冷静じゃなくて生活の1面で付き合わなきゃならなかったから、なんでそんなことやってたのと。それで、いまなにやってるの?ということになる。じゃなんか思想的にはるかというとあまり良い参考になるようなことなにも無いねと言うような。そういう目で見られる場合もあるんですね。多分僕はそういうの嫌なもんで、ま自分がやってきたそういう学生時代とかそれがなかかったことをま逆の意味で言えば引きずっていると。それが言ってみればモチベーションになってるの。

インタビューページへ戻る

千葉 由美さん

インタビューページへ戻る


千葉さんは「いわき市の初期被爆を追求するママの会」「いわき母笑みネットワーク」と、2つの団体の代表をやってらっしゃるお母さんです。いわき市のカフェでお話を聞き、お母さんならではの視点から福島の現状、お母さんたちの現状を教えてくださりました。

人間関係の変化

本当にあの事故直後にコミュニティーが崩壊したのね、それはお友達に限らず家族関係もです。親戚とか。意見の違いとか言わなければそれまでだけれども、やっぱりどこかでバレるんだよね。例えば、保養に行く行かない、後は牛乳を飲む飲ませない、給食を食べる食べさせないとか、やっぱりどうしてもカミングアウトしなきゃいけない場面とかがあるんですよ。で、そうなったときに「どうして?」とかって聞かれたときとかに「いや、こうでこうで」って自分の知識をやんわり伝えたとしますよね。
そうすると相手はやっぱり自分の知らない事を例えば私が知っていたそこで何かちょっとしたコンプレックスを感じてしまったりとか、自分が出来ていないことを否定された様な気持ちになってしまうとか、色々な心理的なものっていうのはあるんです。
あとは経済的な問題として。お水を買うとか野菜を県外から取り寄せるみたいな事っていうのは、やっぱり経済的な所にも響くみたいでしょ?それは「出来る人は良いわよね」って言ってしまうパターンと「いや、本当に色んな所を切り詰めて優先順位をそこに置いているだけです。」というようなこともあったりだとかするし。後は、お友達のコミュニティーに限ってはそういうことが多いです。ま、家族の問題はまた別ですね。

放射能に対する認識格差について

もう開く一方。やっぱり追求する人はどんどん追求し続けてる、放棄してしまった人はそこで止まっちゃっているので、どんどん開いているんですよ。で、やっぱり私達みたいに何かしようと思っていたりとかで声をあげてたりとかっていう存在とかっていうのはすごく特別な存在みたいに思われてしまっている、残念ながら。そうではないんですけども、やっぱりそういう目線っていうのが益々強くなっていくのでそれがどんどん広がっていくと思います。

原発事故直後の危機感

(最初は)かなりね、危機感はありました。でもね、夏休み、2011年の夏休みをさかえに私は保養に一ヶ月間子供を連れて行ってたんですけれども、戻ってきたら「あれ?」みたいな。なんか“復興モード”に入っちゃったんですよね、全体的に。やっぱここで生きていくためには復興しようよ、みたいな感じで。いや、復興も大事なんだけれども子供を守るっていう事を言うとね、「復興の邪魔」みたいな「もう言うなよ、それ」みたいな空気がすごい出来ちゃって私達は量柱が立つと思っているんですね。子供を守りながらも復興も出来るって思っているんですけれども、やはり経済復興の立場に立っている人は「ここは大丈夫だよ、安心安全」と言わないと経済効果が上がらないというか人も集まらないし物も売れないでしょ。だからそれを言うためには“大丈夫”って言わなきゃいけない。私達は大丈夫じゃないから子供を守りたいんだよっていうと、ちょっと対極しちゃうんですよ。

不安やストレスを共有することの大切さ

だから、やっぱりでもそれは当たってる所もあって、本当にそういうこともあるのでやっぱりお母さんが、こういうことがあってもネガティブだけじゃなくってね、前向きに出来ることやっていこうよという風に言えた方が子供に対してもね、精神的負担も随分軽く出来ると思ったので、まずは思いを吐き出すっていう場があればまったく違うんですよ。やっぱりね週に1回のペースで私の家に集まって、なんかご飯持ち寄って子供たちが帰ってくるまでいろんな事をひたすら話す、みたいな。そんな風にしているとやっぱりその日はみんなの「お台にでるときみんな鼻歌がでる」ってそれぐらい話す自分の心を開いて誰かとコミュニケーションをとるってすごい効果的なんですよ。


放射能に対する認識を広げるために

いわきで市民測定室っていう存在があるんですね。市民が立ち上げた食品の測定と、あと内部被爆の測定と、あと甲状腺の検診もしているんですけれども。そこに来る人たちって言うのは、やっぱり認識を持った人たちがほとんどでね。でも、認識のある人だけがそこに来ても意味が無いっていうかむしろ逆なんですよね。だからやっぱりその、情報格差をこう、狭めて行くための努力っていうのは本当に必要だと思っているので。広報活動に力を入れたいんですけれども、やっぱりその講演会とか、そういう所でいくら広報してもまた同じ人にしか届かないから。なるべく誰でも集まっている場所でたまたま出会った情報みたいな感じで広めて行けるための、なんかそういう糸口を考えています。

例えば食のお料理教室とか、暮らしの中の身近な所でしょうね。あとはやっぱりね、県民健康調査で甲状腺の検診とかがスタートして、手元にデータが届くでしょう?それをどういう風に受け止めるのかなって思うんですよ。A1とかA2とかBとかってこう段階があるんですけれども、何も知らない状態でそれをこう、受け取った時にね、どういう風にとらえるのかな。でそれを、誰にそれをこう、話すんだろうとか。だからまぁ、そういうのが一つのきっかけとなってね、「あの人なんか言ってたな」って言って声をかけてもらえればラッキーだなても思うし、あといつでも答える準備をしておくことが。本当にラフに。
インタビューページへ戻る