20130526 渡部健光、小山要一、穴澤幸広、香坂敏也 1

小山さん:たぶん農業が、あんまりこう、そうだな、儲かる職業じゃなくなったってのもあるんじゃないですか。昔からすれば。昔この辺は米が主流で、えっと米は、それこそ、新潟県抜けば、日本で一番高い米作ってたんですよ。この辺は。だから、米農家であれば、何もしなくても生活できる。で、米農家って忙しいのは春と秋だけなんですよ。あとは、何もしないでいられると。だから、親父たちは結局、そういう世界で。うん。で、あの、まあ仕事もそんなに忙しくないから、息子にやらせようとは思わないし。で、息子はなんか職業作って、で、自分らは米で食ってくからいいぞって世界。昔は。で、今米はどんどん安くなっていて。で、まあこれからまた安くなるでしょうと。となると、やっぱり、まあ、お米って、毎年収量が違いますよね。収穫量とか。あと値段も毎年違いますよね。となると、まあ博打みたいなところありますんで。で、そういう職業に就くよりも、なんだ、一般の職業に就いた方がまあ生活が安定するだろうっていう発想なんですかね。まあだから、親の世代はたぶんそんなに「農家継げ」っては、今は言わないと思いますね。で、こっちの方の親の世代は、逆に言うと、米だけ作ってれば生活できるっていう世界で飛び込んだんで、おそらく喜んで飛び込んだんじゃないですか。農家に。親の世代は。ただ、まあ、私ぐらいの世代になると、もう米はもうどんどん安くなってきてたんで。やろうっていう人は、私のときはいなかったですね。私ぬかして。”

20130518 大野達弘 3

“だから色々地域には、その新規の人が来て、新規の人が新たなそういう地域作りやろうっていう地域がもちろんあっけっども、ここはもともといた農家が中心になって、そういう風な人たちを、どう進出できるかってことを考えながら、一緒にやってくっていうようなやり方で、だからワイン作りをしようっていうのも、あの、新規で就農したのが一人入ってるのね。だからそれは、あの、農林省のキャリア職員だった人なんだが、だからそういうような、いろんな醸造の申請事務だとか、あとはなかなか独自財源ではなかなかないんで、補助事業の申請だとかっていうのは、あの、なんとか事務局がやってくれないかってことで。で、そういう人にはそういう能力を発揮して頂くようなことで、あの、まあなんていうの、来た人がそれぞれの役割すぐにできるし、あとは、まあ来る時点で言うんだけども、ここで農業やるような方法はなんとか支援すっから、あの、支援してもらうだけじゃなくて、じゃあ自分がこの地域に何ができんのかって、これをきちっと考えてほしいんだって、あの、こうずっと新規にきて研修の段階からこういう風な話をしながら、まあ何をやりたいのかってこと中心に色々聞きながら、そういうやりたい方法を、まあ支援できるようなことは今までずっとやってきたつもりですけどね。”

20130427 有馬隆文、梅谷勝義、柳瀬総一郎 1

「農業じゃない道はもう行かないですよね、もう一回決めたので、そこはやっぱり、しばらくは続けたい。」
「やっぱり福島県でやりたい。っていうのがベースであるんですよ。だから震災が起こって、放射能でだめだよってなったら、やむを得なくなるけど、そうじゃなかったらここでやりたい。」

20130427 有馬隆文、梅谷勝義、柳瀬総一郎 2

「こっちに来て思ったのは、やっぱり結構年食ってるんだけど、こっちに入ると、あの周りの人見ると、自分より全然上の人ばっかしで、また若手に逆戻りになって、自分の気持ちはフレッシュなんだけどね。」

「自分は自分として、あの、農業選んだ訳だから、それを職業としてやっていけるように、頑張るっていうことしか今のところ頭にないですね。」