高橋 久子さん

インタビュー一覧へ戻る


閖上1丁目のまちカフェでインタビューを行いました。自作の歌と前向きな姿勢が印象的でした。


仮設住宅での生活について

Q:今住まれている仮設に、震災前からの知り合いの方はいらっしゃいましたか?
A:知ってる人は1人か2人くらいいたけどね。たまにかまぼこ屋さんで働いてて、あーとかいう人いたけど、ほとんど顔見知りじゃないよ。でもほら毎日、出てくる人は誰それさんってわかるけど、集会所に来ない人。2、30人は来るけど、後の人は行きたくないって。男の人なんかとくに、お年寄りの方とかとくに。やっぱ、1人2人しか来ないもんね。男の人って来ないんでないかな。だから知らない人も、8割ぐらい知らないんじゃない、未だに。わかんないよ。顔見知りの、ほらお茶のみって20人ぐらいいるけど、後は分からないよね。

Q:仮設住宅に住んでいて大変なことはありますか?
A:大変だって言ったってしょうがないです。大変だって言ったら何でも大変です。やっぱり隣の家に音が聞こえるんじゃないかとか。やっぱりうちの団地、セキスイハイム、ガラスも二枚になってるから音もきちっとしてるね。隣の音もおっきな音だと聞こえるけど、戸あけてない限り聞こえてこないよね。テレビの音とかも。家の面積は小さいけど、防音はしっかりできてるよね。普通の住宅と同じ作りなんだって。仮設仕様じゃなくて、あの一般住宅、セキスイハイムの住宅を仮設として使っている状態なんだって。だからうちのもしっかりしててね。だからお風呂でも”ピコピコピ間もなくお風呂が沸きます。ピコピコピお風呂が沸きました。”っていう普通の家庭の…ユニットバスって言うのかな。四角の狭くて入れないとかって言うのでなくて。普通の新築住宅みたいなこういう形の。


エンジョイ仮設

エンジョイ仮設住宅
津波の大震災で仮設住宅に入った
8件の住宅が連なっている
昔はハーモニカ長屋といったそうだ  
ハーモニカなら私の部屋は1号室だから ドレミのドだ   
ドレミの歌のドは ドはドーナッツのドだけど
どんなときにもともある そうだ、どんなときにも明るく楽しく 振り返って暗くならず この状態を受け入れて前進あるのみ  
海辺の家から山手のセカンドハウスに来たと思えば楽しいじゃないか 
こたつから五、六歩で 台所風呂トイレ 花の水やり 洗濯干し  
なんでもコンパクトで楽だ主人と二人 なんでもオープンで 秘密基地もない 
知らない人ともあいさつを交わし  多く作ったおかずや野菜を交換 
たまに違う通路を通って 鉢植えの花や野菜を眺めたりしている  ただうっかりすると  自分の家を通り過ぎたりしてしまう  
だから西側の雨樋に 目印にピンクの小さいリボンをつけた 一人でくすっと笑った  
みんなでドレミの順にならんで ドはドーナッツのド レはレモンのレ  などと、歌ったら楽しいだろうなぁなんて バカげたことを空想している ははは

狭くてどうのこうの言うんじゃなくてやっぱり現実を受け入れなきゃいけないのよね。本当に文句ばかり言ったって天災なんだからね。ドーはドーナツのド、レーはレモンのレーって、ミの人はミーはみんなのミとかって八人並んでやったら楽しいでしょ。まだやったことないけどさ。そういうのを考えてエンジョイ仮設住宅って言うのを書いたんですよ。


震災後の人との関わり、助け合い

震災後、しばらくして同級生のみんなから電話貰って。支援物資を送ってくれたり本当にうれしかった。あの時は本当に寒かったからね。調剤薬局に行ったら、どうぞ、御自由にと書いてあったので、主人は毛糸の股引きを見つけて、あーこいつあったかいからもらおうなんて言ってもらったんだよ。着のみ着のままで逃げたからね。普通なら洗濯してからはくんだけどそのままはいて喜んだんだよ。震災後すぐには支援物資はこないんですよ。道路も壊れてるし信号もなかったしね。多分調剤薬局には近所の人が持ってきてくれたと思いますよ。ズボン、ジャンバー等サイズが合うものをもらってありがたかったですよ。私は仙台の息子宅にお世話になったので暖かい食事、布団で過ごすことができたので避難所で生活するよりは幸せだったですよ。近くのところでラーメン炊き出しをやっているという事で行ったんですよそしたら店の外でテント張って、お金も払わないのにいらっしゃいませーと暖かく向かいいれてくれて、ラーメンとごはん息子家族の分と六人分頂きました。京都の餃子の王将というラーメン屋さんだったね。責任者の方に「みんな流されたんだよ」と言ったら「ちょっと待っててね」と言われて、待ってたら卵を30個位と果物をもらってね、うれしくて握手して涙がこぼれました。


今後について

閖上…2年7か月経ってもなにも変わってないですよ。だから今後どうなるのかねえ。でも私は家を建てるつもりはないので、市役所にお世話になるしかないですよ。一戸建てに入れるようにって要望をだしているんですけど、まだ、今から町を作って、戻れるのは、まあ戻るって言ってももっと西の方に一戸建てを希望しているんですけど、ここの地区じゃなくて。
世界中のみなさんに色々支援していただいて、こんなに元気になりましたので、ありがとうございますっていうのをお伝えしたいと思いますね。これからも私たちを見離さずに見守っていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。今日はありがとうございました。


インタビュー一覧へ戻る

須藤 ひろみ 3


28

須藤ひろみ

クリップ3

「炊き出しも、仮設でやるなら仮設の人の。被災してても、たまたま家が残っただけで、行けないという感覚がある」

関 洋次

関洋次さんは大槌町の安渡公民館分館長であり、今は仮設住宅に住んでいる。震災当時はいろんな方から支援をいただき、それは国だけにとどまえらず世界各国、宗教問わず助けてくれたという。

「だからねぇ、あの、今一番俺が言いたいってのは日本全国じゃなく、世界各国ど、どこでこういう自然災害が起きても不思議じゃねえ。うん。だっ、こういう笑い話あるんだよ。あのう、日本全国 世界各国から支援際でみんなこれ、認識した。でね、中国で地震あったでしょ、四川省で。そしたらね、俺、俺がもし赤十字だとかそういうとこであの、基金を求めれば、出すか?その、その日の内に千円、二千円持って来た人がいる。まだ俺取り組みしてねぇがら返したけど。震災を受けてあの、みんなに助けられたっていう思いみんな持ってる。だっどっかで何があったらば助けなきゃならない、そういう思いを持ってるっていうのも事実。この、小さな仮設でも。だっあの大槌町内が、あの、岩手県全体、沿岸全体で見たら、こんなの.. ちょっとわかんないけど。おそらくみんなそう思っていないがらっていう。今まではあの.. 考えもしてなかった。震災前に例えば.. 交戦があったとか、アメリカで竜巻があったとか、ってあっても震災前はそんなに感じなかった。大震災でみんなに支援された。ホントここでね、キリスト教とユダヤ教とイスラム教と一緒に炊き出ししたんだから。わら、笑い話だけど。ほんどあの、その団体がそれぞれ交流しながらやってっていうのも日本全国で初めてだべって。だけど、本当、宗派問わず人種問わず、本当ここではそんな支援をされたっていう。だから自分でこう心の中には何かがういつかされたっていう。それを私自身が感じたり、うん。」

岡本 三男

岡本さんは安堵で酒屋さんを営んでいます。お店に入ると岡本さんが描かれた大槌の風景画や書が壁に貼ってあり、とても暖かい空間でした。震災後2年が経ち、物資的なケアがから「心のケア」にニーズがシフトしているということ。そしてまず「心のケアとは?」というような事をじっくりお話して下さいました。

「これからは自分で心のケアをしなければと思って、と思ったのね最初は。でも、どうやったらいいんだろうなー、自分で心のケアってそしてこう一人で店に居るときは、何をしようかなー。もちろん仕事はしてますよ。自分でできる事はやってる訳。だけどそれだけじゃ、ダメな訳ね。うん。手持ち無沙汰になって飽きちゃうと外に行って草むしりをしたり。花が好きでしたから、花の種を植えたり、そういう風にして散らかすようにした訳、自分の気持ちをね。そしてまた自分で俳句をやって、ちょうど前に俳句をやってたもんで、俳句をやったり、盛岡の先生、このときは入ってなかったんだけど、ずっと休んじゃったから、そういうカセキにはいってなかったからそういう先生に勧められて、やりなさいってことで、俳句をやった訳、そして後は何かをもの足りなく感じて、お酒も全然動きが悪いから、この辺でうちのオリジナルでもやろうかなって言う感じで、頭に浮かんできて、色んな事初めて、心のケアに結びついたなって、そして、お酒もね、前はワインくらいだったらのめたのね、うちで、二人で、すこしぐらいだったら、おかずが悪いんで、食事がおいしくいただけるワインでものもうかってことで。ワインを飲んで、食事をおいしくいただけるワインでも飲もうかってことで食事をした事ずーっとあったので。でもお酒は量が多くなったのね。小さいのが。だって、隣に私と同じ年配のいる、もう震災になってからずーっと友達になった訳。前はすぐそばだったけど、二人で一緒に飲みにいくような仲じゃなかった訳。奥さんとは家の店の奥さんと仲良かったから結構よく話してたけど。今はもう色んな事を学び取りにいったり、もう、山菜採りに行ったり、今年はかなり山菜いただきましたよ、その方に。それで、そんな悪友が居るもんだから、同じ歳だからね。その方とは、家に居なかったら、うちにきて焼酎を掛け飲みしたり、そういう感じでぐっと近くなったんで、その方と。でもその方は私に、面白くないって言う訳。なんぼ飲んでも顔にもでないし酔っぱらわないし面白くないって言う訳。うん。だからそういって、よしこれから飲み屋さんに行こうか、タクシーに乗って飲み屋さんに行く訳。で、そこで、それで、そこのママ達も知ってる人だったんで。私も前は行った事無いんですね。でも、知ってる人だったんで、元々ね。世信者ってことで、カラオケ歌ったり、由相手は、カラオケしないんで、一人で踊る訳。こっちは歌って、うんで相棒は踊り踊る訳。そんな雰囲気でずーっと。だからね、しぜーんに自分の心のケアになっていった訳だよ。自分でやっぱりケアをしないとダメだね。もう人を頼ってても、やっぱり私の心の気持ちを分かる人は居ないんだもの。やっぱりみんな同じだと思うんだけども、自分自分で心のケアをしないとなーって私は自分で感じる訳ね。でも大変な思いしたよ。」