佐藤 富寿子さん

インタビュー一覧へ戻る


雄勝の羽坂に住む佐藤富寿子さんの家では、近所のお母さん方が集まるお茶会にお邪魔するかたちでインタビューをさせて頂きました。佐藤富寿子さんを初め、母の佐藤満子さん、近所に住む永沼千代子さんと佐藤元子さんのお話を通して、雄勝の昔の様子や震災後に雄勝に残る人々の声をきくことができました。


守るべきもの

いろいろだから小さな部落なんだけども、小ちゃな部落だからねやることが多いんだよね、あれもこれもってあるんだてば、都会にはないそういう流されないものがさ。さらって流されないものがあるから、以外とそれを維持しているのが、負担が大きいというか、残された人たちがね、大変なの。守っていくっつことが大変なことだったんだなっていうことは、私はずっとここにいていっつも思うことなの。
守ることは大変だって。お母様方に手伝ってもらって、はりきとうなんかもずっとやってきたけども、もうお正月の元旦からだよ。みんな家に来て泊まるでしょう、家に来て帰ってくるわけでしょう。もうゆっくりするどころか、次の日の準備しなきゃならないから、ここ全部外してだよ、全部外したまんま、さあ起きろ、4時になったら起きろ起きろって。もう前の日舞い上がって、飲んだ食った、わいわいやるでしょう。もう子供たちは起こされるや、うーん本当にね、そう思うと何十年もそういうのね、ここで皆お母様たちに手伝ってもらってね、やれたことだけど。本当にその時、ましてやうちお婿さんだから、全く持ってうちの事はわからないいんだ。だから大変な思いしたと思うんです。だから本当に守るということが大変だなって。


昔の雄勝・地域とのつながり
永沼千代子さん:(他の浜との交流)昔はあまりなかったね。婦人会っていうのが雄勝町にね、公民館であって婦人会のいろいろな行事とか・・・
佐藤富寿子さん:婦人会なんかったら人も多かったみたいよ。
永沼さん:でも戦争当時の婦人会がほら、兵隊さんにね。
佐藤さん:交流会と言えば、運動会ですよ。運動会が一番メインのもので、雄勝町体育大会という・・・それがね、部落根性というのかな、その部落の根性もすごいんだから。
永沼さん:部落が15浜あって、北上町が13浜あったの
佐藤さん:行事はね、イベントっていうのはまず雄勝祭りは最近の事であって、本当の交流というのはね、その会その会って婦人会とか老人会とか、そういう会があるでしょ。そういう時ぐらいであって・・・行事があれば参加するだけだよね。さっきも言ったけど運動会が一番のあれ出すところだな。あれは面白かったよ、最高。


震災後のつながり
でもやっぱり考えてみると、まとめてもあれだよね、昔やってきたことが続いてるということはいいことだよね。守らないといけないということも、もちろん大変なことだろうし、だけど、だからこそやっぱりまた協力性が出てきたっていうかさ、かっこいいこと、いい風に言えばね。カッコつければそういう事で、うーん皆が協力心が出てきたっていうかさ、今はみんな必ず出て協力してくれて、尚更この震災後には、お互い、隣近所気をつけながら、声かけながらやってるということは事実だと思いますよ。
あまり鑑賞しすぎることもあるけど、それで困る時もあるけど、悪く言えばそうなんだけども、良く言えばお互いの家族、家庭を見守るっていうかね。尚更ね、震災後にその気持ちがね、出てきたんだか、なんだか。


インタビュー一覧へ戻る

佐藤 きみ子さん

インタビュー一覧へ戻る


雄勝町大須で生まれ育った佐藤さんはご主人と結婚した際に羽坂へ越してきました。避難所での生活について、婦人防火クラブの会長として12年も役を務めてきた思いについて、話してくださりました。


避難所での生活
Q. 避難所で、まとまりができたのはもともと浜で、みなさん力を合わせて生活していたからっていうことは関係ありますか。
A. ん、そんなことはなかった。うん、やっぱり自分のことでみんな…うん、自分は小さくなってね、足も延ばせないのに、なんであの人だけが足伸ばして寝てんだって思ったりね、やっぱり自分の個性が出てきたのよね、みんな。あの人はああいう人でなかったと思ったら、ああいう人だったのかなーって思ったりして、嫌な面、良い面いっぱい見ました。あれが本音なんだろうなーって思ってね。
Q. 何日くらいいらっしゃったんですか。
A. 私はあの、石巻にうちが二か所あったから、だからボランティアの方に、神戸のね、ボランティアの方に入ってやってもらってたから、最後までは、いれなかったのね。(中断)そうですね。うーん…やってきたのね。で私はね、なにもしないでみてるの。そうするとね、なんていうんだかね、あの、調子のいい人いるんだよね、やっぱり、ごはんの時とかそういう時はぱっとどっからか顔見せるんだけど、ほんでなにも自分はしないくせに、あれはこうしたほうがいいんだよ、こうした方がいいんだよ、って言ってるの。(中断)だから、こいつは、おかしいっちゃ。だから人の、私は仕事しないで、誰がどういうことしてるか見てるのね、でこういう目に余るようだから、で、30人態勢で、一回でみんなごはんの、あの、そういう炊き出ししたって、まとまんないから、これを3班に変えようと思ってるんだけども、どうしたらいいかね、って私が言ったのね。そしたら、できるわけねーとかでもなんとかなんの、って色々出たんだけども、やってみなきゃわかんないから、やってみて、だめだったら、また考えっぺ、って。一応この線でやってみたらどうだ、って、やってみましょ、ってそれが上手くいってね。やっぱり分担決めたから。10人なら10人つうとやっぱり1人でも少なくなれば、自分が人に迷惑かけるって意識をもつもんね、そうやってやって、そうすると2日休めるから、中二日休めるっちゃ、3班あれば、そうするとうちも後片付けもできるし、30人体制ってやっていつでも帰られないっちゃね、だからこれはうまくないなーって思って、やったらね、うまくいったんだよねーあれは嬉しかったね。うん。


周りの支え
でも震災したときは、ほんとにみなさん一生懸命ね、協力してくれたんだよね。私の方がかえって落ち込むような、わたし、あの、うちがなくなっても、家族がなくなっても、その方がね、「会長、わたしらが応援するんだからがんばっぺ」って。そういわれると、ああ、自分はしっかりしなくてはいけないんだなぁって。うん、みなさんに励まされてほんとにここまで来ました。だからいっぱいいっぱいこういうことしなければ、やっぱり、こういうこともわからなかったんだろうなーっと思ったりね、うん。これしたんだから、こういう勉強もできたんだなーとやっぱり教えられたこともいっぱいありますよね。


伝えたいこと
うーんそうだね。やっぱりこっちの雄勝の方知らない人もいっぱいいるだろうしね。やっぱりこういうのを通して知るっていうあれが力は大きいんですよね。さっきお話ししたみたいにりんかい、林間学校があるっていうこと知らない人もいっぱいいると思うのね。そういうものかねて広めてもらえれば私は嬉しいなと思って。今まで色んなことをしてきて、やってきたことが報われるかなって。


インタビュー一覧へ戻る

永沼 きよ子さん

インタビュー一覧へ戻る


運動会では踊りを披露し、町のみんなをいつも楽しませてくれる永沼きよ子さん。生まれたころから雄勝町桑浜に住んでおり、町のことや昔の暮らしのことをたくさん教えていただきました。


「お茶っこ」

生徒: じゃあ普段はいつもいろんな近所の方が来て、
永沼氏: うん、お茶っこのんでだり、お茶っこ飲まいなんて飲んだり、●●誰でもお茶っこ飲みに上がってこさいっていうのね。●●のよ。本当はここはね婦人たちがおばあさんたちの。
生徒: 普段はどんなこと毎日されてるんですか?
永沼氏: 私はほら、●●いったから、お茶っこ飲みに行ったり、ここでテレビを見たりね。夜なんか私腰都度、みんなお茶っこつぎするの。お茶のみに来てって来たもんでね、●●ああおいしいって喜んで食べてから。私一人だから一人で腰も大変なのね。少しぐらいいて多くなるのさ。みなさんね呼んばってお茶みんな来いって呼んだってね、食べてけれ作ったけれども、少しでも量多くやったから食べてくださいってみんなにごちそうするんだよ。


漁師の妻
生徒: なんかその船乗りの奥さんとしての大変なこととかってどんなことがありましたか?
永沼氏: 大変なことはなんだろうね。昔は本当にね、体で畑行ってね、なんかさつまいもとかじゃがいもとか畑でまずさ掘ったのを籠さ入れて、山水しょったの。体だけで、車もないしさ。車もまだないから、体でいわゆるね、ものしょって歩いたから、腰なんかも腰痛くなって。だから体はみんな悪いの。昔の人って腰が悪いの。耕しに行って背負って、体で背負って歩いたから。うん、開墾ってね、ずっと雄勝の方に畑があるんだべさ。昔は山はみんなこうして畑にしてたから。そこさほらさつまいもとかじゃがいもとか大根とかいっぱい蒔いたの。自然のもの全部背負って、体でみんな背負わなければならないんだもの。あとは豆。豆なんかもほれ、みんな取ってくるっていうと自分でみんなはたいてぶって、豆がみんな自分ではたくのさ。豆●●作る時の豆ね。だからみんな体で本当に働いたんだよ。私ら嫁だったとき。それが当たり前だと思ってんのよ。今そんなことしたらみんな出ていくね。帰って嫁さんとも。なんぼ●●、当たり前みたいに思ってね、仕事すんでいけないと思って一回嫁に入ったもんで。みんなそういう風にして、なんでもしたんだよ。朝ほら、朝起きてあとほれ、漁師の人たちは小型船っていうのがあるわけさ。ここらさ一年中ここでほら●●するとか、●●とかってさ、海さ出て行くの、朝早く4時か5時ごろにね、んで夜に帰ってくるのさ。


漁師の息子
生徒: 息子さんがそのあのお父さんと同じ仕事やりたいって言ったときはどう思いましたか?
永沼氏: うん、船さ、船さ乗るのはもとは学校さ誰も入らないで。入らないさ。学校はね。ほんで●●おもってここでは、だんだんだんだん学校学校って入って、誰も船さ乗らないで学校さ入ったけどもね。うちの息子は●●でね学校さ入ってるのは入ったさ、高校さ。あとほれ船さ乗って、船さ乗ったから、海は本当好きだったからね。そこで船さ乗ったのさ。
生徒: 本当に好きだったの、船?
永沼氏: 船好きで、漁が本当にうまくてね、何かうに吊るしてもアワビ吊るしてもうまいんだべさ。息子がさ。だから海が本当に好きでね、小さい時からそっからほれ本家も漁そばであったから常にこうやって●●だからね。だから船は●●でね、海好きなんだもの。学校入ったってね、入ったて、勉強ばっかりするわけねえべって。学校さ入んねーよって入んねーんだから海ですぐ●●言って。
生徒: じゃあ中学校を出た後にすぐお父さんと一緒に?
永沼氏: お父さんは継がさせなくても船さ乗った。


インタビュー一覧へ戻る