千葉 正人さん

題名: 千葉 正人さん

インタビュー一覧へ戻る


元々消防隊の一員として55歳で早期退職、その後お蕎麦屋さんを開店。現在は雄勝の仮説商店街から少し離れた実家の跡地であった場所でお蕎麦屋さんを奥さんと営んでる千葉正人さん。趣味は人との会話。これからの雄勝、そしてふるさとへの想いを語ってくれました。


ふるさと

俺ね、俺雄勝好きなんですよ、自分の生まれた場所だから。どんなに廃れてもさ、ふるさとはふるさとって想いたい気持ちが強くて、で、まあ、あの、私が、うーんと、消防職をね55で早期退職して、そば屋やったんですよ。
Q:自分が生まれたからって言う理由以外にもここがふるさととして好きな理由ってありますか?
A:だからそこに生まれ育ってきたからあのね、誰しもふるさとはあると思うんだけどもさ、まああの、あのお父さんが転勤族でさ、転々してればさ、特に国家公務員の家族とか北海道に行ったり、遠くに行ったりさ、どこぞと転々すると本当にふるさとがあってもないもんだがさ。小学校半分でさ、あの転向だと、小学校高校はまだこっちだ、小学校だったらまるっきり、高校だったらまったく違う所だった。そういう人もいっぱいいるちゃ。どんどんそういう人がふるさとってどうなんだろうって思うんだけども。でも小学校…6年だか5年までいた子供がさ、いまだに還暦の同級会なんかに来る。そういうもんだとおもう。だから幼き時代の思い出っていうのは本当大事なんじゃないですかね。だからもしここで生まれ育てなくてもふるさと思うってことは、生まれ育ってなかったら第二のふるさとだとよく言うけどもさ。でもやっぱりうん、やっぱり家族がいて、育ててもらって、そしてその地域の学校に行って、ここで見慣れた風景があったらさ、あぁ、あの世に行くときにはその風景が絶対その頭によぎったままあの世に行くと思うな。うん、それがふるさとでしょう、思う。


お店(震災後)
まあ、あのいずれそのまあ店は流されてさ、もうすっかり屋根の天辺まで汐被ったんだけども、で、店残ってて。そういう、瓦礫撤去しますっていう風な張り紙貼られたから、なんとかもうもったいないから、あの今までそばで使った道具洗っとこうかなと思ったらさ、またこう来るのさ、そしたら「あぁ、千葉さん店大丈夫でしたか?」とかさ、そんなの多くて。で、色々考えたさ、う~~ん、200件300件超えるぐらいのこう、着信履歴があってさ、それ本当そういうのは前のお客さんだったんだよな。う~ん、だったらなあ、そんなにこう、心配してもらってたんだと思って、それにこう、背中押されるような気持ちでさ、でやっぱりそば屋もう一回やろうかなって。まあ、色々ボランティアさんのお陰で本当に、言葉、どんな言葉も尽くせないほどの、本当に感謝の想いがあって、いっぱい手伝ってもらってさ。で、これ本当は自分でちんたらちんたらね、1人で作業してたら3年、今でもまだ大工仕事してるかもしれない。それが6ヶ月で出来上がってしまった。ありがたかったな。一昨年の9月20日にまだ外壁も半分ぐらい張ってないのに、うーん、あのお彼岸でさ、お墓参りの人が来るわけさ、ああ、そういう人がもしね、あのなんか屋ある所でさお茶飲むぐらいでも一腹できたらいい所提供したらわって言うんで、じゃあ、うーん、そば簡単なものだけ出しても、ここは最初開店するかっていうんで、うーん、9月20日にプレオープンしたの。


雄勝の復興
あの雄勝人は入れっことを考えればいい。雄勝のこんなん、僻地っていったってもう、海がまったく一番がゆうに向けた、この天然に恵まれた魚介類さ。津波っていうイメージを怖がらすからおかしいんであってさ。そもそも津波が来なかった時はどうっだったのっていう世界もあるんだから。こういうね、例えば雄勝ってね、本当はあの天然の良港としての非難港なんの。時化があったら漁船がいっぱい昔は入ってきて、もうすごかったのね。それが今まあ、200回規制なんとかってさ、漁船今あの、仕事する人がいなくなってきたから、あの時化なんていうのはそんなそんな船は渓流することもなくなった。ましてこのご湾はこの通りだからあの夜、ご湾ではビットって言われてさ、そこにロープを絡んで、ご湾に寄せて、渓流する施設があるんです。だから、もしそのあの、まあね、雄勝がどうなったらいいかって言ったら、マリン事業しかないの。マリン事業。これなんでかってったら、とりあえず防潮堤はいらないの。で、津波が来たら、高台に逃げて、で、全部やられるんだから、あんな津波来たらそうすっと、高台にシェルター設けてさ、一週間暮らせるだけの施設をさ二方向非難でシェルターと作ってくれればそれでいい。そしたら膨大な予算なんていらないのさ。で、さらにそれはあの物はあってそれは地域コミュニティーで管理できるようにしておけば、ずーとずーとそれを守られていくのさ。っていうことはそれはいわいる、防災のなんつうの、言い伝えとなってさ、あの忘却じゃないけれども、忘れ去られる事なく、いじゅうされていくと思うんだよ。まあ、地域コミュニティーセンターみたいなのが、高台にポツンとあって集落ごとにあったら十分それであのソフト面の防災は、ハード面はだからシェルターと作ってあとソフト面は言い伝えっていうのはそうあの何かあれば、それは言い伝えしていく事ができるんだからそれやればいいって。


若い世代
Q: 若い世代にはドンドン来てほしいと思いますか。
A: うーん、まーね、ルール守る人が来て欲しいと思うけどな。うーん、あのマリンレジャーって言ったら、あの水上バイクとかでしょ、あいうののね、あれのこうあのなんだあの水上ボートみたいにこう水槽でこう水にいってあの陸に船上げてずーと行くでしょ。あれと同じ機能でさ、水上バイクっていうのは海水だったらあれ全部こう真水を通してさ、あのあれエンジンの中を洗わないとダメなのよ。それにはそういうプール、専門のプールが必要なのさ。どこにもないんだよ。だからみんな川でやってるんだよ。川でビュンビュンビュンビュンやってるのがそのためなのよ。で、ここ波ないでしょ、おもしろいように例えば交差点を作ってさ、色々こうやって走るとか、うーん、そういうなんかもう作ったら凄いと思うんだよ。いづれ一気にさ、商大のそこでこうプールを作って、川のあのポップ、ポップアップしてる真水あるんだからさ、それをこちらに返してきて持ってきてそこでプールを作ったらさ、もうみんなして来るのよ。黙ってたって、色んな発信しなくても、みんなあの口伝てで、雄勝こんなのあるんだって、おー行ってみよう行ってみような世界なのよ。うん、みんな水上バイク持ってる人多いんだよ。そしたらそういうなんていうのさ、例えばデモンストレーションなんかこう水上バイク祭りなんかのイベントでやったらすごいと思うしさ、そしてそういう機能が燃料きゅうも出来る、そしてそういうコースもあるからさ、そこでなんつうのアマチュア競技なんかもできるようなあの場所があるんですよ。雄勝の魅力っていうのは黙っててもよい所になれば、そういうことをさね、提供できるあの、膨大な予算はいらない、天然のままでさ、それができるんだもんな。


将来の雄勝
あまりにぎやかなる必要はないだけどな。うーん、やっぱりこう、静かなこう、まあ、なって、なるって言う静かな町でいいから、まあ、雄勝の良さをわかって入ってくる人が常にこうね、(おうれい?)するような、そういう町になってくれたらいいなと思うな。雄勝の、雄勝のより所をなんていうの、行ってみたいってなふうに雄勝にさ、足を運ぶ、そういう魅力な町があったらいいかなとも思うな。


インタビュー一覧へ戻る

高橋 頼雄さん

インタビュー一覧へ戻る


雄勝町の仮設商店街の横にある雄勝硯生産販売共同組合で職員として働いている高橋頼雄さん。元々震災前は自分の所で硯を作る会社を経営しておりました。津波で家は流され、現在お母様と森林公園の仮設で暮らしています。


残る理由
私は最初っから雄勝に残るつもりで、仮設住宅も早い時期だったら石巻中心部も早かったんだね、そこにも入れたんですけど、私は最初からもう雄勝の仮設に住みますと。その後も継続して住むつもりでいたので、仕事はもちろんここなのでね、もうそういう意味では私は逆にまあ幸せだというか、やりたいこと、好きなことをやらしてもらってるんで、まだ恵まれてる方かなと思いますよね。みんなよく言われるのが、いやよくこんな不便な所でって、何も、それこそコンビニもない、何もないって、いや最初っからそんな求めてないので、車で30分走りゃ何でもあるし、ていう感覚で暮らしているので。

一番梱包はここでの仕事が一番ここに材料があって環境があるわけなんで、一番やりやすいのはまあ第一と。あとはやっぱりあの生活自体が豊かなんですよ。季節季節に海産物いっぱいあって、買おうと思えば安く帰るし、別に買わなくてもいっぱい貰えるしとか。そういった人もいっぱいいたりして。まあ近所付き合いもずっと、あのいっぱいあって。今でも仮設に移ってもみんな雄勝の人ばっかりいる、みんな顔なじみなんで。なんか作ってる人いれば持って来るし、まああの山菜時期だったから、今なんか本当山菜食べまくり状態。毎日民宿みたいな暮らしてますね。で、まあそういうのが季節感もたっぷり味わえるし、仕事もここでできるし。私にとって、こんな良い所はないので、やっぱ住みやすいね。


若者の受け入れ
一応、あの募集かけてやりたい人いませんかっていうので入ってもらったり。あとはあの今度は若い子1人入るのは、地元の出身の人で、大学でちょっとその物作りも学んで、元々やりたいって言ったんで、震災のちょっとお手伝いというかインターンというわけじゃないけど、夏休み使ってずっと手伝い、ボランティアでやってもらってたりしてたんで、であのその素材を使ってこういうのをやってるっていうのを理解してもらって、それで大学を卒業するにあたり、まあその勤めたいんですって言ったらそりゃもう受けるというので入ってきてもらってるんですよね。そういった形であの受けていけば、ただ何人もっていうのはまだね、そんなに水産体制とまあ売り上げも上げないといけないので、そのためにはまだしっかり売り上げをあの今よりもきちんと上げて、ちゃんとして自営をもってやればすぐ来たい人も受け入れられるんじゃないかなって。とにかく売り上げがそのまあ良い物作って、ちゃんとした物を売っていけば、必ずあの人は来ますと思っております。


伝えたいこと
震災から3年以上経て、えーまあただあの、ハード的な状況は変わってはないです、ま瓦礫片付いて、まあ少しずつは進むとは思うのですが、私らはあの仕事は切らさないつもりでずっと、まあ特に私らの硯の仕事ってもう600年以上続いているので、それはもうどうしてもここで終わらせるわけにはいかないというので元々始まって、あの色々本当に報道等で取り上げていただいてるので、注目度は前よりよく見てもらってますので、その中でちゃんとした物をこれからもここで作っていこうと思ってます。そのためには、是非あのいらない、無駄な物は作らずに、あのもうシンプルに生きたいんですよね。でここにあのぜひ来てもらって、まあ別にそんな災害がまあ頻繁にあるわけでなくて、来てもらって、安心して、何かあってもきちっと誘導等もありますので、何より私らの硯もそうですし、あのここ海産物、ホタテが特に有名であったり、まあ夏場だったらホヤだったり、魚とかとっても美味しいところなので、でそういうお店ももうちゃんと、仮設ではありますが、営業してるので、何かしらお手伝いにとか、何もしてねから申し訳ねえとかじゃなくて、行っちゃいけねえのは全然ないので、あの遊びにとにとにかく来てください。あの良いもんと美味しいもんはしっかり、それは雄勝だけじゃなくてね、あの東部沿岸部みんなそれでもう一回立て直すので、一生懸命頑張ってるので。普通にとにかく遊びに来て、まあ正直お金ちょっと使ってもらうのが一番早いので、お願いします。


インタビュー一覧へ戻る

佐藤 きみ子さん

インタビュー一覧へ戻る


雄勝町大須で生まれ育った佐藤さんはご主人と結婚した際に羽坂へ越してきました。避難所での生活について、婦人防火クラブの会長として12年も役を務めてきた思いについて、話してくださりました。 


避難所での生活
Q. 避難所で、まとまりができたのはもともと浜で、みなさん力を合わせて生活していたからっていうことは関係ありますか。
A. ん、そんなことはなかった。うん、やっぱり自分のことでみんな…うん、自分は小さくなってね、足も延ばせないのに、なんであの人だけが足伸ばして寝てんだって思ったりね、やっぱり自分の個性が出てきたのよね、みんな。あの人はああいう人でなかったと思ったら、ああいう人だったのかなーって思ったりして、嫌な面、良い面いっぱい見ました。あれが本音なんだろうなーって思ってね。
Q. 何日くらいいらっしゃったんですか。
A. 私はあの、石巻にうちが二か所あったから、だからボランティアの方に、神戸のね、ボランティアの方に入ってやってもらってたから、最後までは、いれなかったのね。(中断)そうですね。うーん…やってきたのね。で私はね、なにもしないでみてるの。そうするとね、なんていうんだかね、あの、調子のいい人いるんだよね、やっぱり、ごはんの時とかそういう時はぱっとどっからか顔見せるんだけど、ほんでなにも自分はしないくせに、あれはこうしたほうがいいんだよ、こうした方がいいんだよ、って言ってるの。(中断)だから、こいつは、おかしいっちゃ。だから人の、私は仕事しないで、誰がどういうことしてるか見てるのね、でこういう目に余るようだから、で、30人態勢で、一回でみんなごはんの、あの、そういう炊き出ししたって、まとまんないから、これを3班に変えようと思ってるんだけども、どうしたらいいかね、って私が言ったのね。そしたら、できるわけねーとかでもなんとかなんの、って色々出たんだけども、やってみなきゃわかんないから、やってみて、だめだったら、また考えっぺ、って。一応この線でやってみたらどうだ、って、やってみましょ、ってそれが上手くいってね。やっぱり分担決めたから。10人なら10人つうとやっぱり1人でも少なくなれば、自分が人に迷惑かけるって意識をもつもんね、そうやってやって、そうすると2日休めるから、中二日休めるっちゃ、3班あれば、そうするとうちも後片付けもできるし、30人体制ってやっていつでも帰られないっちゃね、だからこれはうまくないなーって思って、やったらね、うまくいったんだよねーあれは嬉しかったね。うん。


周りの支え
でも震災したときは、ほんとにみなさん一生懸命ね、協力してくれたんだよね。私の方がかえって落ち込むような、わたし、あの、うちがなくなっても、家族がなくなっても、その方がね、「会長、わたしらが応援するんだからがんばっぺ」って。そういわれると、ああ、自分はしっかりしなくてはいけないんだなぁって。うん、みなさんに励まされてほんとにここまで来ました。だからいっぱいいっぱいこういうことしなければ、やっぱり、こういうこともわからなかったんだろうなーっと思ったりね、うん。これしたんだから、こういう勉強もできたんだなーとやっぱり教えられたこともいっぱいありますよね。


伝えたいこと
うーんそうだね。やっぱりこっちの雄勝の方知らない人もいっぱいいるだろうしね。やっぱりこういうのを通して知るっていうあれが力は大きいんですよね。さっきお話ししたみたいにりんかい、林間学校があるっていうこと知らない人もいっぱいいると思うのね。そういうものかねて広めてもらえれば私は嬉しいなと思って。今まで色んなことをしてきて、やってきたことが報われるかなって。


インタビュー一覧へ戻る

今野 瑠理さん

インタビュー一覧へ戻る


これから養殖業を始めたいと考えている今野瑠理さん。雄勝町の豊かな自然が好きで、震災後も雄勝町に住み続けたいとおっしゃていました。


雄勝に残る理由

生徒: 雄勝町にずっと住み続けようと思った理由は何ですか?
今野氏: 一番はやっぱりこうおばあさんのそばにいたいっていうのもあるし。この桑浜っていうこの場所が好きなんですよ、一番は。自然が好きなんで、そうですね。もうあっちっていうか石巻の方には住む気がないっていうか、おばあちゃんになるまではずっとここにいたいですね。
生徒: 石巻市内の方へ買い物に行くとおっしゃてましたが、石巻はこの町とは違いますか?
今野氏: そうですね、確かに石巻のあっちの方に行けば、買い物も普通にできるし、豊富なものはいっぱいありますけどやっぱその空気はあっちはちょっとあれなんですよ、自分は合わないというか。やっぱここにいて少し散歩するだけでもすごいリフレッシュできるっていうか、その安心感もわくし。あと何より人の良さがすごいここいいので、あっちに出ると知らない人ばっかりっていうのもあるんですけど、人のふれあいが欲しいというか。このはい、人の良さが一番いいので、やっぱここにいたいと思うんですよね。


町から引っ越す人
生徒: この町から引っ越す人と引っ越さない人の違いは何ですか?
今野氏: 養殖業が全部一旦だめになったんで、もう一回するのにはすごい多額のお金もかかるし、それでやっぱ出稼ぎっていうかあっちで仕事して暮らした方がお金もかからないし。あとはここはあの、おんちゃんっていうか年結構いった人っていったらおかしいんですけど、結構あの老人とかしかいないんで、あっちの方が住みやすいというか、あっちの方にその娘息子がいるから引っ越すっていうのが多くて、なんででも一番は漁業ですかね。できなくなったんで引っ越そうっていう
生徒: これからるりさんはどのようにこの町で暮らしていきたいですか?
今野氏: そうですね、うん。私も養殖したいと思ってるんですよ。少しの養殖でもなんていうんですか、お金にならないのはわかってるんですけど、少し人残ってほしいので、自分が若いほうなので若者が養殖とかなんかしたら少しぐらいこうなんていうんですか、こういう若者もいるんだっていうことで、桑浜じゃなく雄勝町にこう戻ってきてほしいっていうのが望みというか、少しその気持ちはあるんですよね。


復興の様子
今野氏: 実際本当に復興ていうのが進まってるか分かんないんですよ。道の桑浜漁港もまだこう整備もされてないんで、なんで違う地域は整備されているところは整備されてるし、今してるとこもあるんですけど、桑浜っていうとこはなかなか進まないんですよ。だから確かに漁業の養殖は始まってるっていう復興はできてるんですけど、漁港はまだこう石だらけってのもあるし。そうですね。


ボランティア
生徒: ボランティアとしてはこれからどのような形で携われると思いますか?
今野氏: そうですね、本当来てくれるっていうその気持ちだけでうれしいんですけど、やっぱボランティアの人たちも話しかけてくれるんですよ。それはすごく自分にとってうれしいし。もちろんここもきれいにすごいしてくれたし、こう個人で来てくれる人もいるし、団体で来てくれる人もいるんで本当感謝してるというか、ここもなにかできるみたいですけど、できた後もどんどんボランティアさんに来てほしいですね。何も仕事がなくても遊びに来てほしいというか、それだけでも人口増えるというのもあるし、一瞬だけでも。なんで本当来るたび、毎回楽しいですね。


インタビュー一覧へ戻る